飲酒運転やひき逃げの罰則を強化した改正道交法が施行された昨年9月19日から1年間で、飲酒運転による交通事故は6145件発生し、前年同期より22.8%減ったことが9日、警察庁のまとめで分かった。ひき逃げ事故も14.5%減の1万3776件だった。
 単純比較はできないが、いずれも今年1~9月の交通事故減少率8.6%を大幅に上回っており、同庁は「法改正の効果が表れた」とみている。 

飲酒運転が下がっているというのは、とにもかくにもいい事ですね。

このページの先頭へ戻る